薬用アットベリージェルの成分や効能・効果について!

薬用アットベリージェルの成分や効能・効果について!

成分や効能・効果について!

 

入っている成分ってすごく大事です!
なぜかというと、あなたがある成分に対してアレルギーがある!っていったとき、その成分表を見ることでそれを回避することができるからです!

 

もし、あなたがアットベリージェルの中に含まれている成分の中で一度肌が荒れたり、赤く腫れた、ひどいかゆみが出たなんてことがあった場合は使うのを止めたほうが良いかもしれません。

 

ちなみに、成分を確認しようと思ってアットベリージェルの公式ショップサイトや、販売会社で探してみたんですが、どうやら書かれていないようです(汗)
どこにもそれらしい情報は載っていませんでした。

 

なので、わたしが持っているアットベリージェルに書かれている成分を書きます!

 

【薬用アットベリージェルの成分!】

有効成分:

グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス

その他の成分:

トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、甘草フラボノイド、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸 Na-2、加水分解ヒアルロン酸、人参エキス、トウキエキス-1、エイジツエキス、ワレモコウエキス、桑エキス、シャクヤクエキス、アロエエキス-1、クララエキス-1、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、BG、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料

 

入っているものは、化粧品でよく使われる定番のものがほとんどです。
たとえば、有効成分のグリチルリチン酸2Kはあなたが普段よく使っている石鹸、シャンプーや化粧水、育毛剤など、他には皮膚科で処方される薬、他には食品の甘味料としても使われています。
高い抗炎症作用、抗アレルギー作用を持っています。

 

水溶性プラセンタエキスは、胎盤っていう意味なんですが最近よく健康食品などにも使われていて保湿効果や身体を錆びさせる活性酸素を除去する効果が高いって言われている成分です。
それを水溶性にして溶け込みやすくしたのが水溶性プラセンタエキスです。

 

他にもヒアルロン酸、アロエエキスなどなど、肌にやさしい成分も豊富に含まれています!
ちなみに、効果や効能は以下のようになってます!

 

【薬用アットベリージェルの効果や効能】

・皮膚にうるおいを与える。・皮膚の乾燥を防ぐ。・メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。・皮膚を保護する。・皮膚をすこやかに保つ。・肌荒れ、荒れ性。・あせも、しもやけ、ひび、あかぎれ、にきびを防ぐ。・油性肌。・かみそりまけを防ぐ。・日焼け、雪焼け後のほてりを防ぐ。・肌を引き締める。・肌を洗浄する。・肌を整える。

 

 

 

黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑えてくれて、かつ肌を保湿、保護してくれる効果があるので、まさに黒ずみ対策にはうってつけです!
保湿クリームとしてだけじゃなく、ニキビを防ぐ効果も高いので、ニキビによるブツブツができやすい部分に使うのもアリです!

 

ちなみに、成分が不安だけど、どれがアレルギーになる成分なのかわからない・・・っていう方は、60日間の返金保証っていうのがあるので、パッチテストで試してダメなら返品・返金、良かったら続けるっていう流れが良いですよ!
わたしもその流れで試しましたがとくに問題なくできたので続けています ^^*

 

>>アットベリージェルの成分や効能・効果について!